機能性・利便性・価格を考慮したテント探し!

皆様こんばんは!

 

いきなりですが、最近自分はジムスタッフを辞めてとあるキャンプ用品店で働き始めました(笑)

 

そこで色々な知識がついたので今回は、自転車でキャンプに行く際のテント探しをしていきます!

 

 

まず、考慮すべき点は重量です。
やはり自転車でキャンプに行く際はなるべく軽い荷物で行かなくてはなりません。
理想は1キロ台〜2キロ前半くらいと考えています。

 

そんなこんなで耐水性も考慮した中でこれは本当にいいテントだなと思ったテントを幾つか挙げていきます!

 

1.NEMO ATOM 2P

 


出典http://www.iwatani-primus.co.jp/products/Nemo/atm-2p.html

 

【 NEMO 】ATOM 2P  アトム 2P-送料無料-

 

こちらは二人用のテントです!
実際の所、表記されてる人数−1人がテントの中で快適に過ごせるので一人旅などには持って来いのモデルになっています。
重量が1.58キロと驚異的な軽さになっていてバックパックにも詰め込める機能性のとても高いテントです!

 

その分お値段が少し張ってしまうのがネックなところですが、このテントは間違いなく価値が値段を上回っています。

 

2.モンベル クロノスドーム2型

 


出典https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1122491

 

【送料無料】モンベル クロノスドーム 2型 2人用 スカイブルー(SKB) 3シーズン

 

このテントの特徴としてまず目についたのが、ポール素材が7001超々ジュラルミンで出来ている所です!
番号としては、7075が一番強度が強い素材なので7001はジュラルミンの素材の中では下の方ですが、アルミより強度があり重量も軽いのでポール素材がジュラルミンなだけで相当使い勝手が良いと思います。
モンベルの大人気テント「ムーンライト」のポール素材もこの7001超々ジュラルミンを使用しているので物は確かです!

 

モンベルは店舗が全国各地にある為、修理の際にはすぐに持って行くことが出来るのでネット店舗のブランドよりはそういった点でとても便利だと思います。
重量も全て含んで2キロ前半におさまっているのでリュックの中に入れて持って行く際にもとても運びやすいと思います。

 

3.キャプテンスタッグ リベロツーリングテント

 


出典https://item.rakuten.co.jp/naturum/2394445/

 

キャプテンスタッグ リベロ ツーリングテントUV(2人用)BL UA-3

 

こちらのテントは、かなりコスパが良くしかも二人用のツーリングテントです。
ポールの素材は、グラスファイバーでフライ素材には防水加工がされています。
荷物を収納できるように前室と後室が付いているのがかなりありがたいと思います!

 

しかし、一つだけ難点を挙げるなら重量が3.1キロと重い点です。
この問題さえ気にしなければこの価格で十分に使えるテントになっていると思います!

 

4.ロゴス ライトドーム M-AH

 


出典http://www.logos.ne.jp/products/info/3702

 

ロゴス公式ホームページ

 

こちらのテントは、大人二人で荷物も中に入れてゆったり過ごせるくらいの広さがあります。
そして、テントの天井部分がメッシュになっており通気性は抜群です。
フレーム素材は、アルミで出来ており軽量ですが丈夫なフレームになっています。
テントが大きい為重量が3.5キロとやや重くなってしまいますが、友人とキャンプに行かれる際などに持って行ってはいかがでしょうか。

 

5.Naturehike ダブルウォールテント 二人用

 


出典https://item.rakuten.co.jp/satex-j/s-nh15t002-t/

 

D型カラビナ付【NatureHike】2人用テント 耐水圧:4000mm 超軽量 ダブルウォールテント【グレー】キャンプテント ダブルレイヤーUV40 紫外線防止 ハイキング アウトドア ビーチテント 簡易テント ポップアップテント ドームテント【防水テント】【二人用】

 

こちらのテントは今回ご紹介するテントの中で一番お勧めです!
中華性ですが、ネット評価も高くスペックを見ればかなり高い事が分かります!
まず、耐水圧ですが4000ミリとこの価格帯ではありえないくらい高いです。そうそう水は入ってこないと思います。
インナー素材は通気性が良い素材を使用していますが、逆に湿気も逃げにくくなってしまうと思うのでそこだけがネックかもしれません。
まあ、冬も温かいと言う風にとらえれば全然プラス要素です!

 

そして、フレーム素材ですが7001航空アルミロッドというアルミ素材を使っており、軽量で頑丈なフレームになっています。

 

こんだけこの値段で高性能なのにさらにプラスして重量が1.24キロ(釘・ロープは含まれてない)とめちゃくちゃ軽いんです!

 

もはや3万円台のテントwww

 

自分は今度このテントを購入する予定です!

 

 

今回は、5つテントをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?
今のテントは高性能なのに安いものが増えてきたと思います。
これからキャンプを始めようと思っている方は、重量・価格・耐水性・フレーム素材など様々な要素を考慮してテントを選んでみて下さい!
また、不明なことがあれば掲示板でコメント下されば返信いたします!

 

次回はテントマット紹介をします!
今回は以上です。

 


HOME 掲示板&お問い合わせ